1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 省エネルギー知識 >
  4. 秋田県、秋田市リフォーム 省エネで快適生活の提案1

ブログ

秋田県、秋田市リフォーム 省エネで快適生活の提案1

住宅の断熱気密化の意味
住宅の断熱気密性能を向上させることは、①省エネルギー化の促進、②室内熱空気環境の質(健康性・快適性)の向上、③住宅の耐久性向上の3つの観点から必要です。建物は下の図のように、壁、天井、床、窓の部位から熱が流出・流入します。
熱損失画像2熱損失画像1
住宅の断熱気密性能を高めることは、これらの部位での熱の出入りを低減させることになるため、室温を快適な範囲に保つために必要な暖冷房エネルギーを小さくすることが可能となります。また、断熱気密化により壁やガラスの表面温度が低下sinaitame、輻射環境の向上と上下温度差の低減が期待でき、②の室内熱空気環境の質が向上します。窓ガラスなどの壁体表面温度が上昇すれば、冬に生じるコールドドラフト(冷輻射)を回避することが出来ます。また明日、気密性能を高めると、冬に隙間からの冷気の侵入を防止でき、さらに壁体表面温度が空気温度に近づくため、結露防止も期待でき、カビの発生が抑えられることにより室内空気を清浄に保つことができます。
 改修工事などで、温かく快適にしたいが、断熱気密化を全て行うには予算がな。。。。とお考えの場合は、断熱材を増やすよりもお部屋の気密化を優先にするほうが効果的です。気密化の次は窓の高断熱高気密化ですね。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):