1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 秋田の住まいづくり >
  4. 秋田市 リフォーム 外壁通気 外壁劣化防止

ブログ

秋田市 リフォーム 外壁通気 外壁劣化防止

6.外壁の通気措置と外装材の劣化を防止する措置
 壁内の結露を防止し、断熱材の断熱性能及び木材等の耐久性を維持するため、外壁における通気措置
 を行うことが重要です。
通気層画像
 また、外装となる材料自体の耐久性能に関しても配慮しなければなりません。例えば、窯業系サイ  ディングについては、耐凍害性に関する品質の差が大きく、吸水すると凍害劣化を生じやすい材質の
 ものであることから注意が必要です。商品の価格で比較するのではなく材料の向き不向きを理解した
 上で選択する必要があります。
 窯業系サイディングを使用する場合は、大きな庇や軒があって外壁に雨や雪が接触しづらく、積もっ た雪も接触しない措置が重要です。窯業系使用例
 金属サイディングについては、異種金属との接触により腐食(電食)を生じる恐れがあるので釘など
 の接合材はメッキ処理したもの、またはステンレスのものを使用することが必要となります。
 このほか、雨水や屋根雪の融雪水が直接外壁表面を流れることや地面から跳ね返りがあると、外壁の 汚損・劣化が進みやすくなることからこれらを防止するため、十分な軒の出を確保し、雨の落ちる地 面に砕石を入れて跳ね返りを押さえることや、「とい」を設けるこtなどの措置が必要です。ただ  し、樋の設置にあたっては、地域の気候条件を考慮し、積雪による影響を受けにくい位置に設置する ことや凍結に対して強く、万が一破損が生じた場合にも部分的に交換でき、交換費用の安価な素材を 選択することが重要です。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):