1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 省エネルギー知識 >
  4. 秋田市リフォーム 省エネで快適な住まい計画01

ブログ

秋田市リフォーム 省エネで快適な住まい計画01

省エネで快適な住まい計画01

省エネで快適な住まい(お部屋)を計画する際、どの部位をどの程度性能を上げるのかを考えるには、費用対効果で考えるのが良いと思っております。ではどの部位を最重要と考えると良いかと言うと、窓の性能を上げることが最重要となります。夏と冬にどの程度熱がどの部位から流出・入る画像が一番上にあるように、圧倒的に窓からの熱の出入りが多いためです。実際の生活でも冬季期間に窓の近くに行くと寒く感じることがあると思います。窓は壁の断熱性能よりも劣り、壁よりも表面温度も低く、隙間風もあるため、体感温度が下がっているのです。

最近は、高性能なサッシが多く安価になってきております。ペアガラスからトリプルガラスへ変更するだけでも1棟で約20万円から30万円の差額になってきております。住宅の新築・改装を考える時に何処に予算を掛けて何処を抑えるのかは重要なポイントになってきますね。

次回は、サッシの種類について書きたいと思います。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):